森つくし「青銅マット釉 浅鉢」

¥ 19,800

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,320円
    • 東北

      • 青森県 880円
      • 岩手県 880円
      • 宮城県 880円
      • 秋田県 880円
      • 山形県 880円
      • 福島県 880円
    • 関東

      • 茨城県 880円
      • 栃木県 880円
      • 群馬県 880円
      • 埼玉県 880円
      • 千葉県 880円
      • 東京都 880円
      • 神奈川県 880円
      • 山梨県 880円
    • 信越

      • 新潟県 880円
      • 長野県 880円
    • 北陸

      • 富山県 880円
      • 石川県 880円
      • 福井県 880円
    • 東海

      • 岐阜県 880円
      • 静岡県 880円
      • 愛知県 880円
      • 三重県 880円
    • 近畿

      • 滋賀県 880円
      • 京都府 880円
      • 大阪府 880円
      • 兵庫県 880円
      • 奈良県 880円
      • 和歌山県 880円
    • 中国

      • 鳥取県 880円
      • 島根県 880円
      • 岡山県 880円
      • 広島県 880円
      • 山口県 880円
    • 四国

      • 徳島県 880円
      • 香川県 880円
      • 愛媛県 880円
      • 高知県 880円
    • 九州

      • 福岡県 880円
      • 佐賀県 880円
      • 長崎県 880円
      • 熊本県 880円
      • 大分県 880円
      • 宮崎県 880円
      • 鹿児島県 880円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,430円

※8,800円以上のご注文で国内送料が無料になります。

本体価格:18,000円
素材:陶土  サイズ:直径26cm
制作年:2019年
*1点限り

———————————————

もともと彫刻が好きだったという森つくしさんが「かたちを作る」ことに長けていることは、その優美なラインや絶妙なプロポーションの陶芸作品にも表れています。富山の風土に出合って、この地を作品作りの場に選んでくれた森さん。畑仕事をしたり、料理をしたり、子育てをしたり、思索したり、と制作することは全て同列で、かしこまることなく、「暮らしの中から生まれてくるもの」と捉えているそうです。

「器や花入もお料理やお花があってこそ。背景となる器でありたい」と森さん。金属釉を使った鮮やかな色の浅鉢も、料理を盛ると驚くほどお互いを引き立て合います。「毎回の食事の大切さを感じられたり、食事の時間が楽しくなるような器が作れたら」との想いを込める森さんの作品を、どうぞ皆さんの暮らしの中にお迎えください。

青銅釉は酸素を加える(酸化)ことで緑に発色するのですが、独特の黒むらは彼女独自の配合で引き出しているのだそうです。

*スライダー2枚目の写真の食材は、松本魚問屋「ぶりしゃぶ」「極みだしパック」(当ストアで取り扱い中!)

森 つくし Mori Tsukushi(陶芸家)

北海道札幌市生まれ。札幌市立高等専門学校インダストリアルデザイン学科専攻科修了後、金沢卯辰山工芸工房で陶芸を学ぶ。
2009年 個展(ART WORK STUDIO AN/高岡)
2010年 「日常にアートを」(ギャラリー門馬/札幌)
2016年 「とやまクラフト ~ 未来をつなぐクラフト展 ~ 」(富山県民会館/富山)
2017年 「片口とその周辺 うつわ」(山椒/弟子屈、GRIS/札幌)
2018年 春の山椒展・特別企画「森つくし 器展」(山椒/弟子屈)
    「大野屋 とこなつのうつわ展」(山町ヴァレー/高岡、樫亭/南砺)
現在、富山県南砺市にて制作

この作品にぴったりなレシピを紹介
~ぶりしゃぶと極み出汁でジュレ冷しゃぶ~

・材料(3~4人前)
ぶりしゃぶ盛り皿・・・1パック(400g) 
極み出汁・・・1パック(15g)で出汁200ml
塩・醤油・・・適量
板ゼラチン・・・2枚(2g)
柚子胡椒・・・適量
こごみ・・・8本程
茗荷・・・3ケ
かぼす汁(他の柑橘系でも可)・・・20ml
オリーブオイル・・・30ml
彩り(ベビーリーフ等)・・・適量


・作り方

① 鍋に水を入れ、出汁パック一つ加え濃い出汁を作る。

② 板ゼラチンを氷水に浸し、柔らかく戻しておく。
③ ①の出汁の味を見て、必要なら塩・醤油で味を調える。
④ ③の出汁に②のゼラチンを加え良く混ぜ、冷やし固める。

⑤ 小鍋に湯を沸かし、ぶりをしゃぶしゃぶして直ぐに氷水に落とし、水気を切る。

⑥ こごみは下茹でし(小麦粉を入れてもアク抜きができます)、茗荷は縦に千切りにしておく。

⑦ ④が固まったら、箸等で軽く混ぜ、味をみて、カボス汁を加える。
⑧ 冷しゃぶにしたぶりの表面に軽く柚子胡椒を塗る。

⑨お皿に⑧のぶり、⑥の野菜、⑦のジュレを盛り、彩りを散らす。

ここがポイント!

※ゼラチンを使う際は柑橘系の汁などの酵素を持つものは固めた後で加える。
※ぶりしゃぶは沸騰状態でなく、泡が底にふつふつする程度の温度(80~90℃)で行う。
※ぶりは氷水で〆た後で、しっかり水気を取っておく

シェフプロフィール

山下貴民(やました・よしひと)
名古屋外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。名古屋調理師専門学校を卒業後、2008〜12年までフランス ビアリッツ市にあるパラス(宮殿)の格付けを持つ「Hotel du palais」のレストランで修業、部門長を務める。その後、パリ サンルイ島の星付きレストラン「le sergent recruteur」副料理長を経て、2017年から富山県氷見市の「松本魚問屋」にて、これまでの料理の経験を商品開発に活かしつつ、同社のプレイベート・レストランのシェフも務めている。

通報する
関連商品