金京徳「福の丸皿」

¥ 6,050

※この商品は最短で10月2日(金)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,320円
    • 東北

      • 青森県 880円
      • 岩手県 880円
      • 宮城県 880円
      • 秋田県 880円
      • 山形県 880円
      • 福島県 880円
    • 関東

      • 茨城県 880円
      • 栃木県 880円
      • 群馬県 880円
      • 埼玉県 880円
      • 千葉県 880円
      • 東京都 880円
      • 神奈川県 880円
      • 山梨県 880円
    • 信越

      • 新潟県 880円
      • 長野県 880円
    • 北陸

      • 富山県 880円
      • 石川県 880円
      • 福井県 880円
    • 東海

      • 岐阜県 880円
      • 静岡県 880円
      • 愛知県 880円
      • 三重県 880円
    • 近畿

      • 滋賀県 880円
      • 京都府 880円
      • 大阪府 880円
      • 兵庫県 880円
      • 奈良県 880円
      • 和歌山県 880円
    • 中国

      • 鳥取県 880円
      • 島根県 880円
      • 岡山県 880円
      • 広島県 880円
      • 山口県 880円
    • 四国

      • 徳島県 880円
      • 香川県 880円
      • 愛媛県 880円
      • 高知県 880円
    • 九州

      • 福岡県 880円
      • 佐賀県 880円
      • 長崎県 880円
      • 熊本県 880円
      • 大分県 880円
      • 宮崎県 880円
      • 鹿児島県 880円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,430円

※8,800円以上のご注文で国内送料が無料になります。

本体価格:5,500円  
素材:陶土
サイズ:直径24.5〜25cm 

*手作りのため、個体差がございますこと、ご了承ください。
*欠品の場合、制作にお時間をいただく場合がございます。その場合は納品日をお知らせいたします。

———————————————

韓国から富山県南砺(なんと)市に移り住んで20年余り。金京德さんは、韓国で学んだ高麗〜李朝時代のさまざまな陶芸の技法と、今住んでいる南砺の土地の風土を融合させた作品づくりをしています。

千利休が見出した、韓国の庶民が使っていた「井戸茶碗」はなぜ美しいのか?「生きることに必死な人たちは『文化』という言葉すら知らなかったかもしれない。ただありのままに生きて、辛いこともたくさんあるけどあきらめず、一生懸命生きている。それが器に現れているからではないでしょうか?」と金さん。

粉青砂器(ふんせいさき)、白磁、青磁など、韓国の先祖が受け継いできた技法を尊重しながら、「井戸茶碗」のように人々に長く愛される、自分にしかできない表現を目指しているとのこと。

「福の丸皿」と名付けられたまぁるいお皿は、気持ちも和やかにしてくれます。「使う方をそっと励ませるような器を作りたい」という金さんの思いが伝わるからでしょうか。

こちらのお皿は、店長の自宅での愛用の品でもあります。周囲に立ち上がりがあるので、カレーや少しソースの多いパスタなどに重宝しています。

*スライダー1枚目と3枚目の写真の食材は、松本魚問屋「ぶりジャーキー」(当ストアで取り扱い中!)

金京德 Kim Kyungduk(陶芸家)

1970年大韓民国忠清南道に生まれる。陶芸家の兄・金京先に学び、韓国 利川、驪州にてろくろ師として活動。1998年に来日し、富山県南砺市に窯を築く。
2002年   日本国 衆議院議長公邸に 「粉青沙器 抽象紋瓶」を献上
2004~14年 大韓民国 聞慶市国際陶芸展にて海外招待作家として参加
東京、大阪、金沢、富山にて個展・グループ展多数開催。 

現在 地元南砺市の土や故郷韓国の土を使い、韓国の伝統的な技法を受け継ぎながら独自の作風を日々目指している。

この作品に合うレシピを紹介
~ぶりジャーキーでジャーマンポテト~

・材料 (2人前)
ぶりジャーキー・・・1 袋
新じゃが芋・・・3 個
新玉ねぎ・・・1/2 個
にんにく・・・1 片
黒胡椒・・・適量
刻みパセリ・・・適量
パルメザンチーズ・・・20g
塩・・・少々
オリーブオイル・・・100ml

・作り方

①新じゃが芋は良く洗い、皮ごと串切りにし、水にさらしておく。
② 新玉ねぎは 5 mm程にスライスし、にんにくは粗みじんにする。

③フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、水気をしっかり切った①を加える。
④返しながら両面にしっかりと焼き色を付ける。

⑤火を弱め、②を加える。中火で混ぜながら玉ねぎとじゃが芋に火を通す。

⑥ぶりジャーキーは細切りにし、黒胡椒は包丁の背で砕いておく。

⑦ ⑤を確認し塩で味付けをする。お皿に盛り付ける。
⑧上から⑥のジャーキーと黒胡椒、パルメザンチーズと刻みパセリを散らす。

ここがポイント!

※じゃが芋をフライパンで焼くときは、大ぶりにカットし水にさらして水気をしっかりと切 る事、入れる前にフライパンを熱する事が重要です。(くっつかなくなる)
※黒胡椒は包丁で砕くことで、しっかりと辛味のあるアクセントになります。
※ぶりジャーキーは火にかけると燻製の風味が飛んでしまうので、盛り付け後に上から散らすように使用して下さい。

シェフプロフィール

山下貴民(やました・よしひと)
名古屋外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。名古屋調理師専門学校を卒業後、2008〜12年までフランス ビアリッツ市にあるパラス(宮殿)の格付けを持つ「Hotel du palais」のレストランで修業、部門長を務める。その後、パリ サンルイ島の星付きレストラン「le sergent recruteur」副料理長を経て、2017年から富山県氷見市の「松本魚問屋」にて、これまでの料理の経験を商品開発に活かしつつ、同社のプライベート・レストランのシェフも務めている。

通報する
関連商品