金京徳「ご飯茶碗 伊羅保(大)」

¥ 3,300

※この商品は最短で12月9日(水)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,320円
    • 東北

      • 青森県 880円
      • 岩手県 880円
      • 宮城県 880円
      • 秋田県 880円
      • 山形県 880円
      • 福島県 880円
    • 関東

      • 茨城県 880円
      • 栃木県 880円
      • 群馬県 880円
      • 埼玉県 880円
      • 千葉県 880円
      • 東京都 880円
      • 神奈川県 880円
      • 山梨県 880円
    • 信越

      • 新潟県 880円
      • 長野県 880円
    • 北陸

      • 富山県 880円
      • 石川県 880円
      • 福井県 880円
    • 東海

      • 岐阜県 880円
      • 静岡県 880円
      • 愛知県 880円
      • 三重県 880円
    • 近畿

      • 滋賀県 880円
      • 京都府 880円
      • 大阪府 880円
      • 兵庫県 880円
      • 奈良県 880円
      • 和歌山県 880円
    • 中国

      • 鳥取県 880円
      • 島根県 880円
      • 岡山県 880円
      • 広島県 880円
      • 山口県 880円
    • 四国

      • 徳島県 880円
      • 香川県 880円
      • 愛媛県 880円
      • 高知県 880円
    • 九州

      • 福岡県 880円
      • 佐賀県 880円
      • 長崎県 880円
      • 熊本県 880円
      • 大分県 880円
      • 宮崎県 880円
      • 鹿児島県 880円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,430円

※8,800円以上のご注文で国内送料が無料になります。

荒い肌触りがかえって詫びた佇まいを見せる、飽きのこないお茶碗。

韓国から富山県南砺(なんと)市に移り住んで20年余り。金京德(キム・キュンドゥック)さんは、韓国で学んだ高麗〜李朝時代のさまざまな陶芸の技法と、今住んでいる南砺の土地の風土を融合させた作品づくりをしています。粉青砂器(ふんせいさき)、白磁、青磁など、韓国の先祖が受け継いできた技法を尊重しながら、「自分にしかできない表現」を目指しています。

伊羅保茶碗(いらぼちゃわん)とは、高麗茶碗の一種で、多くは江戸時代初期に日本からの注文で朝鮮で作られた焼き物だそうです。「いらぼ」という名前は、土や釉薬に含まれた鉄分が火にはぜて表面に粒ができ、手ざわりが「いらいら」「いぼいぼ」するところから付いたのだそうです(そのまま、ですね。。)。

その肌触りがかえって詫びた素朴な表情となり、飽きのこないお茶碗です。店長も毎日このお茶碗でご飯を食べています。白いご飯が焦げ茶色の肌に映えて、美味しそうに見えますよ。

———————————————

本体価格:3,000円 
素材:陶土
サイズ:直径12cm、 高さ6cm

*手作りのため個体差がございます。ご了承ください。
*欠品の場合、制作にお時間をいただく場合がございます。その場合は納品日をお知らせいたします。
*スライダー3枚目、左上から「堀道広 乾漆石肌塗小皿」「森つくし 青銅マット釉 高坏」「堀道広 石肌塗椀」「尾崎迅 箸置き「Island」」。当ストアで取り扱い中です。

#金京徳 #陶房かささぎと虎 #炊き込みご飯 #米 #新米 #ご飯茶碗 #焼き物 #陶器の茶碗

◎メッセージカード
ギフトの場合は、富山市八尾の「桂樹舎」さんの手漉き和紙のカードに手書きメッセージを添えて商品に同封することが可能です(無料)。ご希望の方は、ご注文の際に備考欄にメッセージ(30字程度)をご記入ください。

金京德 Kim Kyungduk(陶芸家)

1970年大韓民国忠清南道に生まれる。陶芸家の兄・金京先に学び、韓国 利川、驪州にてろくろ師として活動。1998年に来日し、富山県南砺市に窯を築く。
2002年   日本国 衆議院議長公邸に 「粉青沙器 抽象紋瓶」を献上
2004~14年 大韓民国 聞慶市国際陶芸展にて海外招待作家として参加
東京、大阪、金沢、富山にて個展・グループ展多数開催。 

現在 地元南砺市の土や故郷韓国の土を使い、韓国の伝統的な技法を受け継ぎながら独自の作風を日々目指している。

この商品にぴったりなレシピを紹介
~氷見ぶり御飯~

【材料】
米   2合
氷見ぶり御飯   1袋


≪炊き方≫
①お米(2合)を研ぎ洗い、炊飯器にセットします。水切りの程度はお好みで。
②「氷見ぶり御飯」1袋を開封しお米の入った炊飯ジャーに加えます。
③炊飯器にて炊き上げてください。

※炊き上がりに血合いの部分が稀に黒く変色する場合がありますが、品質に問題ありません。
炊き上がったら、具をご飯と混ぜてからお召し上がりください。

ここがポイント!

※炊き込みご飯は、お米を洗った後の水切りの程度によって、柔らかさを調整出来ます。ご家庭によっ て硬めや柔らかめなどの好みが分かれると思いますので、水切りはお好みで調整してください。

※お好みの薬味(ねぎ、ごま、のり、わさび等)と合わせても美味しくいただけます。出汁をかけてお茶漬けにするのもおすすめです。

シェフプロフィール

山下貴民(やました・よしひと)
名古屋外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。名古屋調理師専門学校を卒業後、2008〜12年までフランス ビアリッツ市にあるパラス(宮殿)の格付けを持つ「Hotel du palais」のレストランで修業、部門長を務める。その後、パリ サンルイ島の星付きレストラン「le sergent recruteur」副料理長を経て、2017年から富山県氷見市の「松本魚問屋」にて、これまでの料理の経験を商品開発に活かしつつ、同社のプレイベート・レストランのシェフも務めている。

通報する
関連商品