市川知也「氷鱗」スタンダード8寸 飴色

¥ 24,200

※この商品は最短で12月4日(金)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,320円
    • 東北

      • 青森県 880円
      • 岩手県 880円
      • 宮城県 880円
      • 秋田県 880円
      • 山形県 880円
      • 福島県 880円
    • 関東

      • 茨城県 880円
      • 栃木県 880円
      • 群馬県 880円
      • 埼玉県 880円
      • 千葉県 880円
      • 東京都 880円
      • 神奈川県 880円
      • 山梨県 880円
    • 信越

      • 新潟県 880円
      • 長野県 880円
    • 北陸

      • 富山県 880円
      • 石川県 880円
      • 福井県 880円
    • 東海

      • 岐阜県 880円
      • 静岡県 880円
      • 愛知県 880円
      • 三重県 880円
    • 近畿

      • 滋賀県 880円
      • 京都府 880円
      • 大阪府 880円
      • 兵庫県 880円
      • 奈良県 880円
      • 和歌山県 880円
    • 中国

      • 鳥取県 880円
      • 島根県 880円
      • 岡山県 880円
      • 広島県 880円
      • 山口県 880円
    • 四国

      • 徳島県 880円
      • 香川県 880円
      • 愛媛県 880円
      • 高知県 880円
    • 九州

      • 福岡県 880円
      • 佐賀県 880円
      • 長崎県 880円
      • 熊本県 880円
      • 大分県 880円
      • 宮崎県 880円
      • 鹿児島県 880円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,430円

※8,800円以上のご注文で国内送料が無料になります。

「氷の表面に現れた鱗模様のようなラインと優しい飴色のガラス鉢」

多彩な色を使って絢爛な日本の美を表現する、宮崎県のガラス作家・黒木国昭氏の作品に魅せられ、黒木氏の工房で15年ガラス製作に打ち込んだ市川知也さん。その後、富山ガラス工房に移り、初めて自身の作品作りを始めたところ、一転、削ぎ落とされたシンプルな作品が生まれていったそうです。

そこには、富山という土地との出会いが大きく影響しているそうです。黒木氏から教わった「引き算していく」ことがベースにありつつ、立山連峰の冠雪の白や梨の花の白(ガラス工房の周囲には多くの梨畑)など富山の豊かな自然が、市川さんの作品の形や色に現れています。

また、暮らしの中で使われる器は、他のさまざまな素材や色、形のものと組み合わせて使われます。それらと調和して、暮らしを豊かに彩るガラスの器を、と心がけているそうです。

切り返しで入った磨りガラスの柔らかなラインと飴色がとても優しい雰囲気を持つガラス鉢です。素麺や冷やしうどんはもちろん、サラダボウルにも。サイズは2種類ございます。

———————————————

本体価格:22,000円
素材:ガラス  
サイズ:直径24cm、高さ7cm

*1点限り
*ひと回り小さい「氷鱗」スタンダード7寸(直径約21cm)もございます。
*スライダー2枚目の写真の食材は、「氷見うどん」と「極みだし」(当ストアで取り扱い中!)

#ガラス工芸 #ガラスの器 #夏にぴったりの涼しげな器 #シンプルなガラスの器 

市川知也 Ichikawa Tomoya(ガラス作家)

市川知也 略歴

1974 滋賀県湖南市生まれ
1997 朝日硝子製作所 勤務(~1999)
1999 黒木国昭に師事(~2013)
2013 富山ガラス工房 所属 (~2017)
    作家活動を開始
2014 日本伝統工芸富山展 高岡市長賞
2015 伝統工芸諸工芸部会展 入選
テーブルウェア大賞 優秀賞、審査員特別賞
2016 富山市美術展 工芸部門 大賞
2017 独立
2018 滋賀県美術展 工芸部門 芸術祭賞
2019 富山県美術展 工芸部門 新人賞
2020 テーブルウェア大賞 入選
その他 受賞多数

日本橋三越、横浜髙島屋、梅田阪急、京都高島屋 等 有名百貨店を中心に全国で作品展を開催し、精力的に活動中

この作品にぴったりなレシピを紹介
~氷見いわしアンチョビと極みだしで冷氷見うどん~

【材料 (2人前)】
氷見鰯アンチョビ・・・1/4 瓶
極みだし・・・1 パック(15g)
氷見うどん・・・1 束(200g)
レモン皮・・・1 枚
水・・・500 mℓ
ごま・・・大さじ 1
紫蘇・・・6 枚
白醤油・・・20 mℓ

作り方
①ボールに極み出汁パック、分量の水、レモン皮を入れ冷蔵庫で一晩付け置く。
 一晩置いた後、味をみて白醤油で味付けする。

②鍋にたっぷりと湯を張り、氷見うどんを指定の時間茹で、氷水で締める。

③氷見鰯アンチョビと紫蘇を荒く細切りにし、ボールの中で胡麻と混ぜ合わす。

④冷やしたお皿にうどんを盛り、①の出汁をかけ、③を上に盛る。

ここがポイント!

※氷見うどんはたっぷりのお湯を使い、対流させながら茹でて、氷水で急激に締めることで つやが出て美味くなります。
※紫蘇アンチョビは天盛りにせず、薬味として小皿に用意し、冷出汁に溶きながら食べても 美味しいです。味のイメージは酸味のない梅干しです。

シェフプロフィール

山下貴民(やました・よしひと)
名古屋外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。名古屋調理師専門学校を卒業後、2008〜12年までフランス ビアリッツ市にあるパラス(宮殿)の格付けを持つ「Hotel du palais」のレストランで修業、部門長を務める。その後、パリ サンルイ島の星付きレストラン「le sergent recruteur」副料理長を経て、2017年から富山県氷見市の「松本魚問屋」にて、これまでの料理の経験を商品開発に活かしつつ、同社のプレイベート・レストランのシェフも務めている。

通報する
関連商品