「モナカフロランタン(5個入り)」五郎丸屋

¥ 1,080

※この商品は最短で9月29日(火)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,320円
    • 東北

      • 青森県 880円
      • 岩手県 880円
      • 宮城県 880円
      • 秋田県 880円
      • 山形県 880円
      • 福島県 880円
    • 関東

      • 茨城県 880円
      • 栃木県 880円
      • 群馬県 880円
      • 埼玉県 880円
      • 千葉県 880円
      • 東京都 880円
      • 神奈川県 880円
      • 山梨県 880円
    • 信越

      • 新潟県 880円
      • 長野県 880円
    • 北陸

      • 富山県 880円
      • 石川県 880円
      • 福井県 880円
    • 東海

      • 岐阜県 880円
      • 静岡県 880円
      • 愛知県 880円
      • 三重県 880円
    • 近畿

      • 滋賀県 880円
      • 京都府 880円
      • 大阪府 880円
      • 兵庫県 880円
      • 奈良県 880円
      • 和歌山県 880円
    • 中国

      • 鳥取県 880円
      • 島根県 880円
      • 岡山県 880円
      • 広島県 880円
      • 山口県 880円
    • 四国

      • 徳島県 880円
      • 香川県 880円
      • 愛媛県 880円
      • 高知県 880円
    • 九州

      • 福岡県 880円
      • 佐賀県 880円
      • 長崎県 880円
      • 熊本県 880円
      • 大分県 880円
      • 宮崎県 880円
      • 鹿児島県 880円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,430円

※8,800円以上のご注文で国内送料が無料になります。

パリパリの最中皮と香ばしいキャラメルナッツの幸福な出会い

「先人と同じで、富山の豊かな自然から受け取るものをそのままシンプルに表現したい。だから、原材料は選び抜いたものだけを用い、造形のデザインもできる限り削ぎ落とします」と、現在16代目を継いでおられる渡邉克明さんはおっしゃいます。

創業から260年余り、「五郎丸屋」さんの看板商品である「薄氷」は、民藝運動の創始者であり宗教学者の柳宗悦も高く評価していました。そのような伝統を受け継いだ和菓子に加え、厳選した材料を使って自然の美しさを切りとった美味しいお菓子を作る、という基本姿勢は変えず、新たなお菓子づくりにも取り組んでおられます。

「モナカフロランタン」もその一つ。最中は、代表的な和菓子の一つですが、中の最中種は小豆餡ではなく、キャラメルでコーティングしたナッツ、という意外な組み合わせ。北陸産のもち米「新大正餅」を使用し香ばしくパリパリに焼き上げられた最中の皮。餡は沖縄産の黒砂糖を使ったキャラメルにナッツの王様「ピカンナッツ」「アーモンド」をからめて焼き上げています。香ばしい香りと食感が、コーヒーとの相性も抜群です。

———————————————

本体価格:1,000円
賞味期間: 30日間

*10個入り(2,268円)もございます。
*カップとソーサーは釋永由紀夫、小皿は釋永陽。当ストアで取り扱い中です。

#五郎丸屋  #もなか  #コーヒーに合う和菓子

◎メッセージカード
ギフトの場合は、富山市八尾の「桂樹舎」さんの手漉き和紙のカードに手書きメッセージを添えて商品に同封することが可能です(無料)。ご希望の方は、ご注文の際に備考欄にメッセージ(30字程度)をご記入ください。

五郎丸屋

江戸時代、加賀金沢と越中高岡を結ぶ交通の要だった石動(いするぎ)。今石動城の城下町として、また藩政時代には前田藩の下、難所・倶利伽羅峠を控える宿場町として賑わいました。この地で260年間余りにわたり和菓子を作り続けているのが「薄氷本舗 五郎丸屋」です。

看板の銘菓「薄氷」は、宝暦2(1752)年に5代目五郎丸屋八左衛門の手によって誕生しました。北陸の深い雪がようやく溶けはじめる如月、弥生の早朝。田んぼの水面にうっすらと張った、今にも割れそうな氷を干菓子に映したものです。風景をシンプルに模したかたち、繊細な味わいは多くの人に喜ばれ、禁裏や加賀藩主前田公により幕府に献上されました。明治以降は宮内省御用達として、また茶道界からも嘉賞を頂いて今日へと続いています。

自然を感じるままに切り取った、うつくしく、美味しい菓子を作る。つないできた技と心を大切に、これからも挑戦を続けてまいります。

コーヒーの淹れ方

分量の目安

【ホットコーヒーの量】 ※お好みにより微調整ください
 1杯 150~180cc
 2杯 300~360cc
 3杯 450~540cc 

【豆の量】
豆は、焙煎の程度によって容積が変わります。(1杯およそ10gのメジャースプーンを使った場合)
◯浅煎り
1杯分=スプーン1杯  2杯分=スプーン1.5杯  3杯分=2杯

◎中煎り・中深煎り
1杯分=スプーン1杯  2杯分=スプーン1.8杯  3杯分=2.5杯

●深煎り
1杯分=スプーン1.2杯  2杯分=スプーン2杯  3杯分=2.7杯

ホットコーヒーの淹れ方

【ホットコーヒー】
①83度のお湯を用意します。
 それより温度が低いと薄くなったり酸味が強くなったりする傾向があります。
 また、温度が高いと苦味やえぐみの原因となります。

②1回目のお湯は真ん中からそっと全体へ。
 お湯と粉をなじませるため、20〜30秒ほど置いて「蒸らし」を行います。

③蒸らし終わったら、再びお湯を注ぎます。お湯は細く丁寧に真ん中から外へ、外から真ん中へと。
 ドリッパー内のお湯が3分の2程度まで減ったら、3分の1足します。
 温度を保って安定した味に仕上げるため、お湯がポッド内に降り切る前に足しましょう。
3〜5回の注ぎで1杯分(150cc)を抽出する。

④ポッド内のコーヒーは上下で濃度が異なるため、
 均一になるよう、少しませてからカップに注いでください。

アイスコーヒーの淹れ方

【アイスコーヒーの淹れ方】
①細かく挽いた深煎りのコーヒー豆がおすすめ。お湯の温度は、ホットコーヒーよりも
 エキスが出て、苦味やコクが増すように91度が適している。
②1回目のお湯は真ん中からそっと全体へ。
 お湯と粉をなじませるため20〜30秒ほど置いて蒸らす。
③蒸らし終わったら、再びお湯を注ぐ。お湯は細く丁寧に真ん中から外へ、外から真ん中へと。
 アイスコーヒーの場合は、80~100ccを抽出。
④氷をたっぷり入れたれたグラスに注ぎ、かきまぜて急速冷却させたら完成。
 必要以上に冷たくなったり薄くなったりしないように注意しましょう。
 グラスにうっすらと霜が降りたようになれば見栄えも良いです。

自家焙煎珈琲くらうん 
店主 小島 治 (Kojima Osamu)

高岡の老舗・自家焙煎珈琲店「くらうん」の店主・小島治さんは、日本のコーヒー界のパイオニア・田口譲さんに焙煎の技を学びました。弟子になる条件は、①良い豆を使うこと②正しく焙煎すること③新鮮であること。この3つの条件を、30年以上誠実に守り続けています。現在も、技術の維持向上のため、年に2度は東京の田口さんのもとへ出向くなど、おいしいコーヒーを淹れることに余念がない“真面目なコーヒー屋”さんです。

通報する
関連商品