富山の自然と作り手

2022/06/02 06:56

2022年のお中元に富山の特産品を贈りませんか?



お中元や夏のギフトに、富山湾の海の幸や上質な手仕事品はいかがでしょう?人気の”白えびのお刺身”をはじめ、麺やスイーツなど富山ならではの逸品を水と匠がセレクトしました。もらってうれしい、喜ばれる贈り物です。

 



「富山湾の宝石」と称される白えび。殻付きのままの素揚げやかき揚げが有名ですが、実は「お刺身」が白えびの持つ甘さと食感を味わえる一番美味しい食し方だと思います。こちらは、白えびを一匹一匹手剥きし、急速冷凍した贅沢なお刺身のセット。

「白えびむき身」は、上品な甘さとプリプリの食感を堪能できます。おぼろ昆布で締めた「白えびむき身昆布〆」は、旨味がぎゅっと凝縮された富山ならではの味。ぜひ食べ比べをお楽しみにください。父の日や夏の贈り物に人気の逸品です。



ダンク式コーヒーバッグとチーズケーキのセット

美味しいコーヒーとチーズケーキで至福のお家カフェ時間を。

老舗珈琲喫茶店が開発したダンク式コーヒーバッグは、いわばティーバッグのコーヒー版。カップにお湯を注ぎ、お好みの濃さになるまで上下してダンクする(浸す)だけで本格的なコーヒーがいただけます。

長くダンクしても苦みや粉が出にくいように、ブラジル産の豆を中心にケニヤ産とインド産をミックスしたプレミアムブレンド。ご自宅や職場、アウトドアで、美味しいコーヒーが飲みたいけれど時間も手間も掛けられない、という時にぴったりです。


チーズケーキは、コーヒーマイスターの資格を持つパティシエがコーヒーに合うように作りました。甘さ控えめの濃厚な味わいです。材料にもこだわり、国産の小麦粉、地元の卵、フランス産チーズが使われています。コーヒーと一緒にいただくと、チーズの酸味とコーヒーの酸味、チーズの甘みとコーヒーの苦味がマッチし、互いの風味が一層引き立ちます。サイズは4号(12cm)で2〜3人で分けていただくとちょうどいい大きさです。



氷見うどん 細麺5本 (つゆ付き)

地元で抜群の人気を誇る「氷見うどん」。もちもちとした食感とつるりとした喉越しが自慢です。

手打ちうどんのように生地を練り上げ、足踏みなどで力を加えることで麺に粘りとコシが生まれます。さらに手延べで丁寧に引き伸ばすことで、なめらかで喉ごしの良い食感の麺に。手間と時間をかけて、手打ちと手延べ両方の良いところを併せ持った、麺好きの方にぜひ召し上がっていただきたい一品です。

砺波(となみ)市の大門(おおかど)地区で、江戸時代から作り続けられている大門素麺は、初冬から晩春に寒仕込みでつくられます。庄川の清流でこね、冬の寒さと山から吹き降ろす寒風にさらして乾燥させる、富山の自然と人の手わざで作られた手延べ素麺。しっかりとしたコシとつるりとした喉越しが夏にピッタリ。


別名『丸まげ素麺』と言われ、細く長い麺を丸まげ状にまとめたユニークな形をしています。素麺がまだ完全に乾かないうちに一つ一つ手作業で丸めるのだそう。とても長いので、茹でる際には手で割って下さいね。



モナカフロランタン(10個入り)


パリパリの最中皮と香ばしいキャラメルナッツの幸福な出会い!

創業260年余りの歴史ある「五郎丸屋」さんの「モナカフロランタン」は、小豆ではなくキャラメルでコーティングしたナッツを最中で挟んだ和洋折衷の斬新なお菓子。北陸産のもち米「新大正餅」を使用し香ばしくパリパリに焼き上げられた最中の皮に、餡は沖縄産の黒砂糖を使ったキャラメルにナッツの王様「ピカンナッツ」「アーモンド」をからめて焼き上げています。香ばしい香りと食感が、コーヒーとの相性も抜群です。




富山の自然と作り手

未来へつなげる富山湾の恵み シロエビ漁

夜明けはすぐそこ。それでもまだ電灯が頼りになる午前4時台の新湊漁港。ピンクとブルーの薄明るい空のもと、潮風がピリッと冴える春先に、シロエビ漁のシーズンが到来します。
< 続きを見る>

富山にウユニ塩湖出現!? 田植えの季節です。

毎年この時期になると、田植えのために田んぼにいっせいに水が張られ、富山の平野に巨大な水鏡が出現します。雲や家や木々を映すその様は、特に朝陽・夕陽の時間帯が美しく、この季節の富山人のSNSタイムラインによくアップされます。
< 続きを見る>

富山とお茶文化。おうちでお抹茶喫茶のススメ。

ストア開設当初からやりたかった特集企画が、この「富山とお茶文化」です。実は富山県は茶道人口が日本第2位!(人口100人あたり2.49人)のお茶文化県( 社会生活基本調査2016)。2位というのが、ちょっと惜しい感じですが、1位は石川県なので、つまり北陸はお茶が盛んな地域なのです。
< 詳細はこちら >

五感で体感。富山の大地の恵みがもたらす癒しの時間。

富山は県庁所在地が概ね県の中央部にあり、そこから東西南北どの市町村へ向かっても、だいたい車で1時間ほど。コンパクトな県土の中に、立山連峰から富山湾までがギュッと詰まっているという特異な地形をしているので、動植物の生態が多様。ゆえに、ものづくりのバリエーションも豊かです。
< 詳細はこちら >

水と匠メールマガジン登録

海から山、そして平野を循環する水と、人々の営み、引き継がれていく技。 富山県の食や工芸品をセレクトしている当ストアの新商品やお得なキャンペーン情報などをお届けします。